サイトへ戻る

自分が大切にしてきたものを見つめる

2021年7月 乙未月

陰の木~乙の人の7月の物語

· 陰の木『乙』の物語~月読み五術

乙の人にとっての7月は…

先月とはうって変わって、自分と向き合う時間がテーマになる時です。

自分を支えている芯、背骨のようなものを意識すると良いかもしれません。

あなたは何を大切にして今まで生きてきたのでしょうか。

今まで起こってきたことが、一つの物語につながってくるような感覚になったらしめたもの。

特に、願い続けているはずなのに、叶わなかったことには、大きなヒントがあります。

それが叶わなかったことで、叶わなかったからこそ、得たこと、できたことが、あなたのこれからの変容に大きな意味を持っています。

今月は、特に、どこかで一人の時間をしっかり確保すること、今までの自分を振り返るようなことをすると、スッキリして、軽やかに進むことができます。

この変化の時に、柔軟な乙の人が、自分の中にあるコア、大切にしていることをしっかりと見つめて、やりたいことを大きく広げていけますように。

7月も素晴らしい月になりますように!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK