サイトへ戻る

やってきたものに
愛を持って尽くす

2021年9月 丁酉月

陰の土~己の人の9月の物語

· 陰の土『己』の物語~月読み五術

己の人にとっての9月は…

とにかく手を尽くす、お世話をする、育てる、やれることをやれるだけ!という月になります。

そこに大きな学びと喜びがあります。

9月は、個人差は多少あるものの、己の人にとっては、忙しい中にも大きな喜びがある月になりそうです。

というのも、基本的には己の人、というのは世話好きで、人の役に立つことをすることが大好物です。

役に立っている実感が得られたら、それだけでかなり幸せな気持ちになれます。

9月はおそらく、いつも活動しているところではないところからも、呼ばれたり、助けを求められることが多そうで、そこに『喜んで!』と駆けつける様子が、目に浮かぶようです。

気を付けたほうが良いこと、やめておいたほうが良いこととしては、頼まれていないことに頭を突っ込むこと。

スイッチが入ると、どこもかしこも、お手伝いしてあげたくなってしまうようなところがありますが、それでは身体が持ちません。

必要なものは、外からお迎えが来ます。

このお迎えを待つのが、大切なお守りとなります。

そして、やって来たことに、愛を持って、尽くすこと。

また、エネルギーをしっかり持っておく、という意味でも、会いたくない人には会わない、など、お付き合いのルールは決めておいた方が良い時です。

9月も素晴らしい月となりますように!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK