やめる決意と続ける覚悟と

2022月10月 庚戌月

陰の火~丁の人の10月の物語

· 陰の火『丁』の物語~月読み五術

丁の人にとっての10月は…

📣今月のエール

コツコツ進めていることが認められる時。

これから何を続けるかも覚悟を決めたい時。

🌈今月のお守り

無理をしないこと。

楽であることも受け容れること。

コツコツ進めていることが認められる時です。

同時に、これからもコツコツ続けられることが

テーマになる時です。

今、している仕事が

もし、嫌でたまらないのだけれども

やるしかないと思ってやっている、という場合は

『もうやめよう』

そう決意するチャンスの月でもあります。

丁の方にとっての今月は

社会的な場での修行を意味する

組み合わせでもあり

それは、瞑想をしたりといった

世間から離れての修行ではなく

生活の中にある修行を意味しています。

それは仕事かもしれませんし、家族の中に

あるかもしれませんが

毎日の中に、多くの学びがあり

愛情をもって続けていけること

コツコツと、これからずっと続けていけることが見つかったり

それを続けるために

それ以外の余計なものをバッサリ整理できる時でもあります。

丁の方というのは器用で

案外頼まれごとも多くなりやすい性質なので

他の人がびっくりするくらいのものを

一人で支えている、ということが

起こりやすいのですが

今月はそれをいくつか手放す

あるいは譲渡するチャンスの月でもあります。

今月のお守りは

無理をしないこと。

楽であることを受け容れること。

特に、10月20日は、友人たち、人から

エネルギーがいただけて

楽しい一日となりそうです。

10月も素晴らしい月となりますように!

 

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK