サイトへ戻る

 

権力と抱き合う

2021年4月 壬辰月

陰の火~丁の人の4月の物語

· 陰の火『丁』の物語~月読み五術

丁の人にとっての4月、壬辰の月は、大きな組織や、強い権力者と抱き合う、大きな意味を持つ月となります。

これは、ステイタスの上昇を表しますし、世に現れることを表す組みあわせでもあります。

真実が明るみに出るときでもあり、本当のことが明らかになる時でもありますので、もしなにか、トラブルの火種を抱えている場合は、3月中に綺麗に清算しておくことをお勧めします。

 

龍が現れる時というのは、精神性の上昇でもあるとともに、丁の人にとっては、その行動力が磨かれる時でもあります。

 

自分の魅力を、外にアピールできるチャンスが訪れるときでもあります。
 

目立った行動をとると、注目される時なので、ぜひ、表舞台へ足を踏み出してください。

 

ただし、無謀なことをしてうまく行くときではなく、あくまでも今までやってきたことの評価が得られる時なので、はったりは全然効きません。

 

自分が前に出て、グングン進むようなエネルギーではまだない、と感じている人は、自分があこがれている、素晴らしいと思う力に寄り添うことをお勧めします。

 

そこから得られる豊かさは計り知れないでしょう。

寄り添うことで、あなたの魅力も引き出されるはずです。

 

4月も素晴らしい月となりますように!

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK