サイトへ戻る

 

心地よい緊張感

 

2021年4月 壬辰月

陽の火~丙の人の4月の物語

· 陽の火『丙』の物語~月読み五術

丙の人にとっての4月は、ちょっとした緊張感が漂うものになりそうです。
この壬辰という組み合わせは、丙の人に、まだやったことがないことを、なんとかしてやらざるを得ない状況を表していて、そのような中でも、緊張しながら一歩を踏み出す心地よさを味合わせてくれる貴重なエネルギーです。

丙の人というのは、基本的には保守的で、周りからはチャレンジしているように見えても、絶対に失敗しないように、きちんとポートフォリオを組んでいることが多いのが特徴です。

特にお金に関してはシビアな人が多く、自分が困るような状況になるのは避けたい、という気持ちがとても強いです。

それは反対を返せば、困っている人を助ける、支援できる側に立ちたい、という強い願いの表れでもあります。

余裕をもって、きちんと支援できる側、サポートできる側に立ちたい、という気持ちは、何か新しいことを始めるときには、しっかり準備をして臨む、という行動特性にもつながっています。

自分としては、きちんと準備をして挑みたいのに、この4月はあまり準備をする時間もなく、やったことがないことに取り組まなければならないので、本人としてはちょっと大変です。

でも大丈夫。
あなたならできますよ。

慌てずに、その緊張感を楽しんで。
そして、あなたの『役に立てたら嬉しい!』という気持ちをこめて取り組んでみてください。

やってみたら、案外できるものだ、という、自信に満ちた表情が見えるようです。

素敵な4月となりますように!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK