やってみなければわからない

2022年11月 辛亥月

陰の木~乙の人の11月の物語

· 陰の木『乙』の物語~月読み五術

乙の人にとっての11月は…

📣今月のエール

今までにやってみたのことない役割や、仕事がまわってくるとき

🌈今月のお守り

自分自身の神経を落ち着けること

乙の人にとっての11月は…

やってみなければ、わからない、という物語の月で

今までにやってみたのことない役割や、仕事がまわってくるときでもあります。

このときに、やったことがないから

自信がないから

責任をとれるかわからないから、と

断ってしまうのはとてもとてももったいないことです。

11月は、あなたに、いやおうなしに、揺さぶりをかけることで

大きな学びをもたらします。

ですから、それはチャレンジとして受け取るのが大吉。

そして来ているエネルギーは回避することはできないので

それを受けとらない場合

天は別の形で試練を与えようとします。

例えば病気や、家族の問題など。

ですから、今、体調があまり良くない場合は

心と身体の折り合いがついていないのだ、ということを自覚して

自分自身の神経を落ち着けること

大きなストレスがかかっていることがあれば

それをただ我慢する、いなくなるのを待つ、という回避の仕方ではなく

別の方法を見つけること

大きなストレスが見つからないのであれば

無意識のうちに、自分を傷つけていることや

本当はやりたくないのに、習慣化されているものがないか

自分の心に耳をすませてみて。

恵みと学びが多い11月にしっかり向き合うことで

また新しい始まりが待っています。

乙の人にとって、特別な日になりそうなのは11月7日8日で

この二日間は、今まで感じられなかったこと

見えなかったものが見える日となります。

11月も豊かな月となりますように!

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK