サイトへ戻る

二人のナイトがやってくる

2022年1月 辛丑月

陽の土~戊の人の1月の物語

· 陽の土『戊』の物語~月読み五術

戊の人にとっての1月は…

📣今月のエール

 本当は待っていた助け舟がやっとやって来るとき

🌈今月のお守り

二つ対になっている美しいものを身に着けることがお守り

 

 

戊の人にとっては、やっと足並みがそろってきた…というような気持ちの1月でしょうか。

スポーツ選手であれば、自分の新しい筋肉の使い方を見つけた、という感じ。

社会的には、人にお願いすることと、自分がやることの棲み分けが

すっきりと整理され、機動力が上がってくる時期です。

同時に、遠くにもう一つ

そびえたつ大きなチャレンジも見えてくるときでもあります。

それは2022年を司る、壬寅がやってきた時に

ぐっと進めていきましょう。

もっと人に頼っていい、というメッセージもある時です。

それも一人ではなく、複数の、少なくとも二人

ナイト(騎士)が、あなたを支えたいとして

助けにやってくるような月です。

戊の人、というのは、頼りがいがあるように見えますし

泰然自若としているところがあります。

そのため、きっと任せておけば大丈夫だ、として

助け舟が遅れる傾向も。

今月はそのレスキューが、やっとやって来る、という時でもあるので

お願いできるところは、しっかりお願いしてしまいましょう。

そして自分しかできないところを、しっかりと磨くことに

時間を使えると、来月からの大きな流れに備えることができます。

今月のお守りは、左右対称につけるイヤリングなどの宝石や

お箸など、二つ対になっているようなものです。

そして、忙しい中でも、美しいものを観ること、身に着けるのがお守りです。

1月も素晴らしい月となりますように!

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK